【学校紹介】海陽中等教育学校

次世代のリーダーを育成する全寮制男子校

〇将来の日本を牽引する、明るく希望に満ちた人材の育成

本校は愛知県蒲郡市にある全寮制・中高一貫の男子校です。
トヨタ自動車・JR東海・中部電力を中心に、80社を超える有数企業の賛同を得て設立されました。全寮制の海陽学園は、教育・学業の場であると同時に、家庭であり、社会であり、遊び場でもあります。将来のリーダーになるための、様々な資質を育むのに非常に適した環境です。

〇「学び」「思い」「行う」をバランスよく身につける

中等教育で大切なことは「学び」「思い」「行う」をバランス良く身につけて、学んだことが思考や行動に有効に結びつくようにすることです。このような基本を早く身につけておけば、物事を深く知り、人や組織や社会のあり方を思い、正しく行動すること、すなわち、リーダーとして必要な能力の修得が容易になるはずです。
海陽学園では全寮制による新しいコンセプトの教育を行っています。全生徒はハウスと呼ぶ寮に生活して、ここで生活を共にするハウスマスター、フロアマスターからきめ細かい生活のサポートを受けます。教員も教室はもちろんおこと、教室外でも積極的に生徒と触れ合って指導します。このような教育環境の下で、着実に次代のリーダーが育っていくことと思います。

〇全寮制生活を支える安心の体制

ハウス(寮)生活になると「友達とうまくやっていけるか」「身の回りのことを一人でやるのは…」など、不安は尽きませんが、本校には生徒一人ひとりに目が届くように豊富なスタッフ(生徒約15名に対して1人のスタッフ)がサポートしています。
校長経験者やグローバル企業出身者など、豊富な経験を積んだハウスマスター(寮監)と一流企業から派遣された若手社員がお兄さん役として生徒と一緒に生活し、友人関係や学業、進路等に対する日々の悩みを聞き、アドバイスをします。このほか、生徒の身の回りのことを教えてくれるケアサポーターが生徒の自立をサポートします。

〇楽しみながら「人間力」を鍛える豊富なイベント

本校は週末になるとハウスごとに生徒が自主的に企画する様々なイベントがあります。学園周辺の自然を感じる山登りや潮干狩り、他学年と交流するスポーツ大会や創作料理対決など、数え切れません。
このほか海陽祭(文化祭)、スポーツフェスタ(体育祭)など、規模の大きい学校行事に至るまで、生徒が中心となって進めます。多くの失敗や経験を積み重ね、人前で話すのは勿論のこと、周知と協力して物事を進める力が身につきます。

〇生徒の様々なチャレンジを生む環境

時間を気にせず友人と議論したり集中して物事に取り組める環境を生かして、多くの生徒が全国、あるいは世界で実績を残しています。
2年前には高校模擬国連国際大会(@ニューヨーク)に出場したほか、昨年は科学の甲子園で全国制覇を果たし全米大会「サイエンス・オリンピアド」に出場しました。
このほか国際数学オリンピックにて金・銀メダルを獲得するなど、輝かしい実績を積み重ねています。

〇多様なバックグラウンドを持つ生徒が個性を発揮する学校

本校には全国各地から生徒が集い、また海外生活を経て入学する生徒や学年途中から編入する生徒も少なくありません。育ってきた文化や環境、考えの違いを乗り越えて、人の価値観を尊重しながら的確に対応する力は全寮制だからこそ身につけることができます。日々の生活は勿論のこと、豊富なイベントを通して互いに成長し、認め合いながら協力する大切さを学んでいきます。
また学校では、英語力を更に伸ばせる授業や海外大学を目指せるサポート体制を整えているほか、後期課程からの編入生が他の生徒の学習進度に遅れないようサポートするクラスも用意しています。

関連記事