桐光学園中学高等学校「一生続けられる好きなことを見つけよう」

桐光学園中学高等学校

〒215-8555  神奈川県川崎市麻生区栗木3-12-1

HP;http://www.toko.ed.jp

お問い合わせ; info@toko.ed.jp

℡044-987-0519

【交通】 小田急線栗平駅下車 徒歩12分

京王線 若葉台駅下車 スクールバス15分

小田急線 黒川駅下車スクールバス5分

  • 小田急線複々線化で通学しやすくなりました。最寄り駅まで新宿駅から28分、下北沢駅から20分

特徴

男女別学、600講座を超える講習制度、文化部31種・運動部20種の充実の部活動、多様な国際プログラム、第一線で活躍する一流講師を招聘する大学訪問授業、そしていよいよ本格始動する「TOKO SDGs」を特徴として注目が集まっています。

男女別学の教育環境

桐光学園は、男女別学の中高一貫教育で知られ、男女それぞれの特質にあわせた授業が展開される一方、文化祭や体育大会などの各種行事、委員会や文化部などは共に活動する。生徒それぞれが個性を発揮しつつ、互いのそれを尊重する上質な学園生活を提供します。

6万冊を備えた図書館のほか、選択教室18、自習室5、各種理科実験室4、音楽室3、PC室3、美術室2、体育館4、各種ホール、野球場、さらに、国際基準を満たした全面人工芝のサッカー場、屋内アップコート、メイングラウンドなど近年完成。また、ICTを導入し、校内にWi-Fi環境を整備。高1から全員がノートPCを所持し、授業で活用しています。中3の技術家庭の授業では「プログラミング」を学習します。

国際教育プログラムの追加

帰国生が全体の10~15%の割合で在籍していますが、それ以外の生徒も積極的に国際教育プログラムに参加しています。高2では全員が参加する「カナダ修学旅行」を実施。さらに、希望者を対象とした国際教育プログラムを多数用意。「英国イートンカレッジサマースクール」「ケンブリッジ大学リーダーズ研修」「オーストラリア・ニュージーランド ターム留学」「カナダホームステイ」「イングリッシュワークショップ」(校内)、「TOKOイマージョンスクール」(国内宿泊型)などがあります。

また、英国The NINEと呼ばれる名門パブリックスクールの留学や米国アイビーリーグなどの海外TPO校への進学サポートも積極的に行う。

きめ細かい学習指導・充実の講習制度

中学では主要5教科について朝10分間テストを実施。基礎学力の定着と共に、学習の習慣づけを図る。定期試験では成績に応じてフォローアップ講習を実施。また英数国の上位者にはそれぞれ指名講習が行われます。また、土曜日や夏期には希望で受講できる講習もあります。これまで行われた講習の例として、土曜日の講習には、「数学ベーシックプラクティス」「大学入学共通テストに向けて数学Ⅰ」「英語多読」など主教科の講座から、「数学検定を取ろう!」や「星空を見上げよう」「エルガリを弾こう」「男の料理教室」などユニークな講座も設置。また夏期講習には「英語 SUMMER REVIEW」「夏に差をつける数学」「夏こそ国語!現代文古典総合演習」などがあります。高校からは各自の進路にあわせて、平日・土曜・夏期の講習をそれぞれ選択し、オリジナルのカリキュラムを確立できます。そのような高校生対象の講習には、基礎的な部分を確立するための講座から、学年ごとに内容を深め、高校3年生になると「早慶レヴェルの英文精読」「『早稲田・上智』の古典を解く」「数学添削講習『東京大学(理系)』」「世界史問題演習(早慶上智大)」「東大二次試験対策(地理)」など、国公立・私立難関大学を中心に個別の大学入試対策に細分化した講座も設置されます。以上のような講習は中高あわせておよそ600講座にも上ります。

大学訪問授業

第一人者を招聘して行う大学訪問授業が知的好奇心を刺激する「大学訪問授業」(土曜日など年間約20回程度)は、これまでに池上彰、羽生善治、根岸英一、隈研吾、坂本龍一、茂木健一郎といった現代の日本を代表する一流の講師陣を招き、中学1年生から高校3年生までの希望者が参加できます。「大学訪問授業で興味を持った先生の大学に合格した」と大学受験を語る卒業生もいるほどです。憧れの講師の講義に参加することは知的好奇心を刺激するとともに、大学で勉強したい研究分野や学部・学科の選択を改めて考えるための大きな契機となります。講義の内容は書籍化もされ、全国の書店でも販売されています。

さらに、本年より本格的に指導する「TOKO SDGs」では、17のゴール、それぞれのゴールごとに10のターゲットを設定していますが、「大学訪問授業」の講義内容はそれらのゴールおよびターゲットに具体的な示唆を与えるものとしてより積極的に生徒に活用されることが期待されています。

帰国入試について

帰国生入試は例年1月5日に実施。WEB出願です。(詳しくはHP,帰国生用パンフレット、募集要項などをご確認ください)

中学校帰国生入試は、1年以上の海外在住、2017年1月以降に帰国したもの。入学後、保護者またはそれに準じるところから通学。

試験は、国語・算数・英語(英検準2級程度)から2科目を選択、合計80分で解答してください。日本語による面接(日本語で行う授業に問題がないかを確認します)。

高校帰国生入試は、1年以上の海外在住、2018年1月以降に帰国したもの。入学後、原則として保護者のもとから通学。

試験は、英語(英検2級程度)、60分で解答してください。日本語による面接(日本語で行う授業に問題がないかを確認します)。

 

桐光学園では、200名以上いる教員が「きめ細かさ」をモットーに、帰国生の皆さんが海外での経験を活かし、自信を伸長させるサポートを行います。

お問い合わせ; info@toko.ed.jp

℡044-987-0519

関連記事